個人事業主のメディア賠償責任保険

IT関連の仕事というのは、常に様々なものを発信していることになりますよね。そのため、時にはコンテンツを作成するにあたり、様々な情報を掲載することもあると思います。
しかし、この内容によっては、クライアントや第三者に損害を与えてしまう可能性もあります。場合によっては、損害賠償請求をされることもあるでしょう。

そんな時には、メディア賠償責任保険に加入していると安心ですよ。「メディア賠償責任保険ってなに?」と思われる方が多いと思いますが、メディア賠償責任保険では、メディア関連業種をしている方が人権侵害や商標権侵害、著作権侵害などから損害賠償などが生じた場合には補償してくれる保険となっています。
コンテンツによっては、様々な情報を掲載していると思いますが、その内容によって補償される保険も変わってきます。

例えば、CMや映画などに生じる損害は、撮影総合保険がカバーしてくれますし、スポーツ大会やお祭り、コンサートなどの場合にはイベント保険が補償してくれます。
万が一、レクリエーションにより、脂肪や後遺症害などが出た場合には、っレクリエーション傷害保険によりカバーされることになります。
IT関係の仕事をしている方は、それぞれ携わっている業種なども変わってくるでしょうから、自分が関わる職種に応じた保険に加入しておくことで、いざという時の備えをすることが出来るでしょう。

個人事業主となれば、トラブル時に損害賠償が生じることもあります。
常に、こういったトラブルを怖いと感じている方も、こういった保険に加入していれば安心して仕事をすることが出来るのではないでしょうか。それぞれの仕事内容に合った保険を選ぶことも、大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です